治療ではインプラント埋入手術が一番の山ですが、部分麻酔が使われ、入院する必要はまずありません。
麻酔が効きにくいケースや、血液系や循環器系の持病があるケースでは歯科とはいえ、入院の必要も出てきます。あるいは、インプラントの土台になるだけの厚みを持った骨がない場合、埋入手術以前に、骨の厚みを増す手術をしなければなりません。

自分の腸骨などを削って、移植する手術だと、手術が二回以上になる場合や、入院する場合もあります。

これらのケース、その他の困難なケースだったら治療計画は、歯科医と十分に話し合って、慎重に決めていきましょう。

歯科医にインプラント治療をすすめられるケースとしては、他の歯に影響を及ぼしたくないという患者の希望がある場合です。例えば、ブリッジ治療をするためには両隣の歯を支えにするため、一回り削る必要がありますが、これに対しインプラント治療は、失った歯に見合った人工歯根を骨に埋めていくため、周辺の歯には関係なく失った歯だけを再生できます。周辺の歯に影響を与えたくないと要望があるケースでは他の治療法よりもインプラント治療がしっくりくると思います。

どんな完璧なインプラント治療でも、終われば後の手入れは必要ないと思うのは甘いです。

アフターケアが寿命を決定します。

毎食後に磨きのこしがないようブラッシングしてプラークコントロールは欠かせませんし、定期的な検診を欠かさず継続する事が欠かせません。どんな堅牢なインプラントでも、普段のケアができなくなると歯周病になることは珍しくありません。インプラントについて、ほとんどの歯科医には治療困難であり、専門の歯科医に頼るしかなければ、国外までも探しにいくという手段もあります。

そもそもインプラント治療は北欧で発達しており、その技術を取り入れるために全世界から歯科医が集まっています。

寿命の長い、しっかり噛める歯を望むなら、決してあきらめてはいけないのです。

できるだけ幅広く情報収集するしかありません。
治療をはじめる前に必ず知るべ聞ことですが、インプラント治療は結構の費用を要することは確かです。ごくまれに、インプラント治療が保険適用(疾患によっては、漢方薬の服用や鍼灸治療などが適用されることもあります)されることもありますが、その条件はとても厳しいのです。普通は治療のすべてが自費になるのが高額の負担を避けられないワケです。

インプラントの材質などを選び、極力安くしても十数万円、難しいケースでは費用はその数倍に及ぶことを承知しておく必要があります。